クレジットカードとデビットカード何が違うの

キャッシュレス

デビットカードとクレジットカードの主な違い

クレジットカードは後払い デビットカードはすぐに引き落とし

クレジットカードは、約一か月の間のご利用期間内の合計金額をのちに請求されて銀行口座から引き落とされるものとなります。

デメリットとしては、後払いのために、クレジットカードの使い過ぎや金銭管理が大変な場合があります。

そのデメリットをなく使うことができるのがデビットカードとなります。

デビットカードは、レジでお支払いした瞬間に、銀行口座から引き落とされるシステムとなります。

デメリットとしては、引き落される銀行を指定することができません。銀行のキャッシュカードとデビットカードの両方の機能が一枚のカードになっております。

デビットカードの使い方とは?

デビットカードとは、お会計の時には、クレジットカード払いと同じようにレジにて使用できます。

クレジットと異なる点は、レジにおいて、お支払い完了と同時に指定された銀行口座から即時に引き落としされる点であります。また、ほとんどのデビットカードは、Apple Payに対応していません。(三菱UFJ銀行のデビットカードのJCBブランドのカードは、Apple Payに対応しております)

お会計時は、レジにてクレジットカード払いでお願いします。お支払い回数は1回でと言えばお支払いできます。

デビットカードのメリット

すぐに引き落とされる

すぐに銀行口座から引き落としされるので、クレジットカードのように、いつ引き落としがあるのか?と思うこともありますので、そのような心配がありません。

さらに、最近では、銀行の残高を携帯のアプリにおいて確認することが可能なので、どこにいても、貯金残高を確認できるために、お金の管理が簡単です。

銀行残高以上に使用することができないので、使い過ぎ防止になる

デビットカードは、基本的に引き落とされる銀行口座の残高以上の使用はできないために、ある程度の使い過ぎ防止になります。

また、自分自身で利用できる上限を設定することも可能なデビットカードもあります。

チャージする必要がないので、便利

プリペイドカードのようにセブン銀行等でチャージする必要がないので、銀行に残高さえあれば使用することができます。

銀行口座のキャッシュカードとデビットカード合わせて1枚

銀行口座のキャッシュカードとデビットカードが合わさったカードになるので、

財布の中のカードが増えるのが抑えられます。

デビットカードのデメリット

使えないお店がある。

各会社によって支払えない場合は異なりますが、月額料金(公共料金など)、高速道路料金、車内販売、ガソリン料金は、お支払いできません。

また、JR東海のスマートEX(新幹線の予約ができるサイト)やえきねっとアプリ(JR東日本のオンラインで切符など買える)にデビットカードを登録することができませんでした。

他にも使用することができない場面があります。

クレジットカードのほうが使える場面がやや多いです。

デビットカードはETCカードを作ることができない

デビットカードは高速道路料金を払うことができないことからETCカードの発行を行っておりません。

デビットカードは、返金まで時間がかかる

デビットカードは、お支払いする際は、すぐに口座から引き落とされるのにもかかわらず、

デビットカードでのお支払いの物の返金は、最大2か月かかることもあります。

(プリペイドカードでも同じように返金まで時間がかかります)

特に、レンタルで借りるサービス(レンタルサイクルやレンタルバッテリーなど)の場合は、最初に一時お預り金の返金まで時間がかかる恐れがあります。

現金払いからデビットカードに変えてみて

小銭が増えなく便利

小銭が増えなくなったので、お店でわざわざ小銭を減らすようにお金を出す必要がなくなり楽になりました。

現金を下ろす頻度が減った

わざわざATMに行く回数が減りました。また、最近では、銀行のATMが少なくなりつつあったり、手数料がかかるようになったりしているので、ATM手数料を支払う回数が減って節約になります。

コンビニでお支払いすることがなくなった

キャッシュレス決済を持っていないときは、Amazonのお支払いだったり、zozotownなどの通販のお支払い時にコンビニに行ってお支払いしなきゃいけなかったのが、家でデビットカードの番号さえ入力したら、決済ができるようになり、ストレスが減ります。

この3点です。

クレジットカード&デビットカード両方において

クレジットカードもデビットカード両方に言えることですが、

カードブランドのJCBだけが使えないお店などがあることがわかりました。

2枚クレジットカードやデビットカードを持つ場合は、ブランドを分けてみてもよいかもしれません。

気を付けてください。

タイトルとURLをコピーしました