ノートパソコン安いメーカとは?(HP DELL 富士通 )

生活

パソコンを購入しようとして、家電量販店に行く人も多いと思います。」

しかし、注意です。家電量販店で売っているパソコンは、高いものばっかりです。

コスパ最強のパソコンメーカーは、DELL HPだと思います。

各社の特徴

富士通……高い しかし、本体の重さが軽い。一部のモデルでは、世界最強の軽さのものも

DELL……安い。国内メーカより数万も安かったり!

HP……安い。しかし、納品まで時間がかかるものも。

富士通

ものすごく軽い

13.3インチのノートパソコンの一部のモデルでは、世界最軽量の軽さ 634g

DELLやHPのパソコンは、13.3インチモデルだと1kgの重さがありますモデルが多いです。

ものすごく軽いので、持ち運びしやすいのがポイントであります。

家電量販店でも置いてあったりするので、実際に持ってみたら(旧モデル)

「え、これパソコン?」

と思いました。

しかし、本体価格が高いです。メーカーオンラインストアでの価格ですが、一番安いモデル(13.3インチ)ですら、約11万してしまいます。

バッテリー容量も選べたりしますので、いつも外出先で、ノートパソコンを使用するなどの場合は、バッテリーの容量が多くすることができるのがポイントです。

DELL

コストパフォーマンスが高いです。

13インチから14インチモデルでは、約7万円程度からあります。

重さも1kg程度からあり、富士通ほど軽くはありませんが、持ち歩くことのできる重さだと思います。

1年間のアクシデント補償「水濡れ 落下 過電流による故障のみです」は、モデルによって標準についていたり、オプションで選択する必要があります。

製品によって、つけられる補償が変わっていますので、まず、自分が必要なスペックを選んでから、どのような補償をつけるか検討してください。

ただ、補償などのオプションがあまりにも高すぎるようなものもあります。

HP

コストパフォーマンスが高いです。

13.3インチですと、7万円程度からあります。

比較的安い価格からタッチ機能付きの液晶が付いていることが多いです。

重さも1kg+αありますが、重すぎる重さではないです。

自分は、HPのパソコンを購入して、価格が7万程度と安いのに、機能が豊富でした。

しかし、納期までが時間がかかりました。

納期を急いでる場合は、すぐ納品できる製品を選びましょう。

海外メーカの注意点

キーボード配置が使いずらい

以下の写真は、HPのパソコンのキーボードの配置です。

enterのキーボードの横にほかのキーがあるので、慣れるまで、間違えて押してしまいます。

とくに、back spaceの時にhomeを間違えて押しています時がありますので、注意が必要です。

海外メーカなどは、このような、キー配置がありますので、購入の際は、ご確認ください。

パソコンを安く買うには!

1.必要なスペックのパソコンを購入する

・画像や動画などあまり保存しない場合、そこまで記憶容量の大きいものは、必要ではないと思います。

・使わないソフトを購入しないこと

・他のパソコンに付いているセキュリティーソフトが複数台使用できることがあります。

・必要な補償を選ぶこと。

2.メーカーの公式オンラインストアを確認する

・メーカーの公式オンラインでは、型落ちモデルや返品再生品、訳ありの商品(箱がつぶれているなど)など安く販売している場合もあります。

・メーカーの公式オンラインストアでは、構成などをカスタマイズすることが可能なので、結果、安くすることができます。

・学割で本体価格や補償が安くなる。

3.大学生などの認定教育機関などでは、無償でofficeを使用することができます。

自分の学校がofficeを無料で使用することができるのかを確認することをしてください。

また、そのほかのソフトも無料で使用できる場合があったりします。

生活
スポンサーリンク
シェアする
チョコをフォローする
Lifebook
タイトルとURLをコピーしました