エコタンク方式プリンターデメリット?G3360

家庭用のインクジェットプリンターは、インクカートリッジの交換費用が高いと思ったことありませんか?

そこでエコタンク方式のインクジェットプリンターが出てきました。

エコタンクとは?

家庭用のインクジェットプリンターは、インクカートリッジを交換することが必要なプリンターです。

それに対して、エコタンク方式プリンターとはプリンター本体にインク用のタンクがついているプリンターとなります。CANONのG3360では以下のようなタンクがついています。

最大のメリットとデメリットとは

インク代が0.4円?

インク代がモノクロ印刷の場合0.4円 カラー印刷の場合1円(canonのエコタンク方式場合)であり、一回のインク補充で約6000枚の印刷が可能な点です。

インク代が一枚あたり、0.4円から1円というのは、インクジェットプリンターの10分の1から20分の1ぐらい低コストとなります。  

本体代が数万円高い

本体代がインクカートリッジと比べて数万円高い。

canonオンラインストア価格比較でカラーとコピーが可能なカートリッジタイプとエコタンク方式との一番安いプリンター比較

TS3530(カートリッジ式) 8800円

G3360 (エコタンク方式) 29150円

差は、約2万円

どのくらい印刷したらエコタンク方式の方がお得なのか?(モノクロ)

TS3530(カートリッジタイプ)用の純正インク大容量カートリッジを使用した場合、A4カラー文書を印刷した際のインクの費用が17.6円 

G3360(エコタンク方式)は純正インクを使用した場合、A4カラー文書を印刷した場合のインクのみのコストは1.0円

よって大体そのプリンターで1400枚以上印刷するとエコタンク式の方がお得になります。

1400枚ってどのくらい?

大体大容量のカートリッジ3回購入する程度または、コピー用紙約500枚3つ分です。

5年プリンター使用すると仮定すると月に24枚ほど印刷する程度の量

エコタンク式のインク補充どうするの?

下の写真のようなインクボトルをエコタンクに補充して、インクを補充する。インクボトルは、1本あたり2178円です。

下の写真のように、プリンターの本体をあけ、本体のエコタンクのキャップを外し、そこに、インクボトルを差し込みます。

インクが漏れないか心配になると思いますが、1滴もこぼれずにインクの補充ができました。おそらく、本体のエコタンクの差し込み口が工夫されていて、そのため、漏れないみたいです。

印刷品質は?

ぱくたそより以下の写真を印刷してみました。

ぱくたそ

その他のメリット

  • モノクロの印刷速度が速い
  • 最初から大きなインクが付いていることが多く、本体についているインクで長持ちする

デメリット

  • デザイン性が悪い
  • 印刷やスキャンなどの音が大きい
  • モニターが小さかったり、なかったりする

タイトルとURLをコピーしました